独立のリスクに対する準備 - 独立前に準備すること

独立前に準備すること > 独立のリスクに対する準備

独立のリスクに対する準備

独立にはどうしてもリスクがあります。
これから独立するなら、これらリスクへの対策をしておきたいですよね。

まずおすすめなのは、早めに生命保険へ加入しておくことです。
独立後にある大きなリスクは、病気やケガで働けなくなり、治療費や生活費で困ること。

まず病気やケガの治療費ですが、勤め人の場合、業務中に起こったケガ等なら治療費は入社時に入る保険の一つでまかなえることも多いです。
また、会社の福利厚生によってはお見舞金をもらえることもあります。
これで治療費をまかなえるうえ、生活費も勤め人なら用意できることがあるのです。
有休が残っていればそれを消化できますし、これがなかったとしても、病欠により給料の一部は保障されることがあります。

このような手厚い保障が一気になくなるのが、独立です。
働けなければ基本的に誰も生活費や治療費を保障してくれませんから、あとは自分でなんとかしないといけません。
そんなときにお金が支給されるのが、生命保険ですね。
自分でこのようなセーフティネットを作っておけば、独立後のリスクも少し抑えられます。

次に、できるだけローンは返済しておくことをおすすめします。
それも仕事のための借金ではなく、あくまで個人的なローンについては、できるだけ独立前に返済しておきましょう。
なぜなら、独立後には収入が不安定になりやすく、ローン等がなくても生活費を工面できないリスクがあるからです。
まして毎月支払いが必要なローンが残っていると、家計が破綻するリスクがより高くなります。
絶対に失敗できない状態では心の余裕もなくなりますから、ローンについてはできるだけ返しておきましょう。
独立後のリスクに備え、このような準備をしておくのがおすすめです。