独立前の法人準備 - 独立前に準備すること

独立前に準備すること > 法人準備

法人準備

これから自分で独立開業し、会社を作って仕事をしていくなら、その法人の準備も必要ですよね。
これは何をすればいいのでしょうか?
まずは最低費用の用意が必要です。
会社を立ち上げるにあたり、株式会社なら24万円、合同会社なら10万円ほどのお金が必要になります。

これは法人を立ち上げる手続きのときに必要になるお金で、絶対に必要です。
なお、専門家の手を借りるとこの費用が安く済む場合もありますが、その場合はこの専門家への依頼料が別にかかるため、結局は先にご紹介した費用が必要になることが多いです。
この金額を目安に、お金を用意しておきましょう。

また、法人を立ち上げるならその会社組織の定款を作る必要もあります。
これはその会社の社名などの情報のほか、規則をまとめた書類です。
作ろうと思ってすぐに作れるとは限らない書類ですから、独立前に少しずつ準備を進めておくといいでしょう。

独立後に法人を作るならこのような準備が必要ですが、そもそも法人を作るかどうかも、独立前に一度メリットやデメリットを確認し、よく考えておくことも大事な準備です。
法人を作らなくてもフリーランスとして独立はできます。
逆に法人を作っても、事業がうまく回らないとすぐに倒産です。
独立に合わせて絶対に法人を作らないといけないことはありません。

法人を作るメリットは、社会的信用を得やすくなり、仕事を受けやすくなる点です。
経費として認められる項目が多く、節税しやすいのもメリットですね。
デメリットは、設立に費用がかかることや、一度作ると簡単にはやめられない点です。
このようなポイントをよく確認した上で、独立に合わせて法人を作るかどうか、独立前にゆっくり考えるのも大切です。