独立の規模選び - 独立前に準備すること

独立前に準備すること > 規模選び

独立の規模選び

いざ開業するといっても、その形はさまざまです。
独立にあたって会社を作る方もいれば、個人で仕事をする方もいます。
従業員を雇う方もいれば、完全に個人で仕事をする方もいます。
このような事業規模をどうするか、独立前に考えておきたい準備項目の一つですね。

この規模についてどうするといいのでしょうか?
独立とは会社を作ることではありませんから、完全に個人で仕事をするのでも構いません。
それも立派な独立です。
もちろん会社を作りたいなら会社を作ってもOKです。
また、従業員を雇うかどうかも、今後は一人の経営者となる自分が好きに決められます。
いた方がいいと思えば雇い、不要と思えば雇わないのが基本ですね。
このように規模は完全に自由なのですが、これを決めるためにも何か目安が欲しいでしょう。

まず会社を作るかどうかですが、会社がどうしても必要な事情がない限り、まずは個人で仕事をする方が多いです。
なぜなら会社を作るのは手間もかかりますし、うまくいかなかったときにやめるのも簡単ではありません。
それに比べて個人で仕事をするフリーランスなら税務署へ書類を一枚出すだけですぐ始められますし、やめるときも同じように書類を一枚出すだけと、非常に簡単です。
なにかと融通がきくため、会社を作りたい理由がない限り、まずは個人を選ぶ方が多いのです。

そして従業員については、自分一人で仕事が回るかどうかで決める場合が多いですね。
自分一人では難しい場合は雇いますが、個人でも十分なら雇わない場合が大半です。
ちなみに従業員はフリーランスでも雇えますから、会社を作らなくても、個人で仕事が回らないなら従業員を雇えます。
このような目安を参考に、事前に独立後の事業規模を考えてみましょう。