独立の計画作成 - 独立前に準備すること

独立前に準備すること > 計画作成

独立の計画作成

独立前に準備しておきたいことといえば、その計画の作成です。
これは頭の中で考えるのではなく、なるべく形にしてください。
事業計画書など、書類形式にまとめるのがおすすめです。

これがおすすめなのは、独立を考えているその事業の計画を形にすることで、抜け漏れに気づきやすくなるからです。
たとえば費用がいくらかかるのか、何となくわかっているつもりでも、いざ書類にまとめようとすると書けなかったり、数値がやや曖昧だったりすることも多いですね。
このような独立に必要な計画について、事前に紙にまとめると、具体的な条件が固まっていない部分がよくわかります。
それを見て、曖昧な部分を固めていきましょう。

このように計画を形にせず、一気に独立すると、失敗する可能性がやや高まります。
過去の失敗事例でも計画をきちんと形にしていなかったため、具体的な計画を立てておらず、事業に行き詰まったというものは比較的多いです。
まずは自分で自分を納得させられる計画書を作ってみましょう。

そして何度か修正し、自分で十分と思う計画書を作れたら、それを誰かに見てもらうことも大切です。
できれば独立開業を支援しているプロか、もしくは同じように独立した経験を持つ先輩開業者の知り合いなどに見てもらうといいでしょう。
すでに独立した方や、そのよう方を日常的に支援している方には当然のことでも、初めての独立になる方が見落としがちなポイントはありますから、そこをこの指摘で埋められるわけです。

その指摘に応じてさらに事業計画を修正すると、かなり現実的な計画が作れます。
この計画に沿って独立を実行すると成功しやすくなりますから、独立前の準備としておすすめです。